初心者が最初に覚えたい適正露出をシャッタースピードと絞りの関係

カメラ

カメラの露出が何で決まるのか。

写真が暗くて困ることはありませんか?

写真の明るさ=露出(EV値)はシャッタースピードと絞りの関係で決まります。シャッタースピードと絞り値(F値)を知れば、あなたも自然と明るい写真が取れるようになっていきます。

今回は絞りとシャッタースピードに、ISO感度と3つ目の明るさを決める要素を加えて、適正露出の写真が撮れるようにコツを書いていきたいと思います。

露出を決める要素

シャッタースピード(SS、シャッター速度)

カメラは、レンズを通って映し出された像を記録するためにシャッターを切ります。
シャッタースピードはこのシャッターを切るスピードにあたります。
1/200等であらわされます。1/200は200分の1秒です。すごく早いですね。
シャッタースピードは速い(短い)ほど光を取り込む時間が短いので露出は低くなります。
明るいところでは短く、暗いところでは長くが基本です。
短すぎるとアンダーというくらい写真になります。写真が黒くつぶれる。黒つぶれが起こることもあります。
逆に長すぎると、白くなって色がなくなる白とびや明るすぎるオーバーといわれる写真になってしまいます。
まとめ:明るい場所では短く(速く)、暗い場所では長く(遅く)

絞り値(F値)

絞り値やF値といわれるものになります。絞りとはレンズの機能で、光を調整する機能です。
調整するために羽を絞るため絞り値などといわれます。
レンズにより開放できる限界値が決まっています。
開放するほど(値が低いほど)明るくなります。暗いところでは、明るくするために開放します。
絞るほど(値が高いほど)暗くなります。明るすぎるところでは絞ります。
絞りを開放するほど背景がボケます。安定するのは、一番解放した状態から2つほど絞ったところです。
明るい日中などに絞り値を開放して撮影すると、よく白飛びすることもあります。そういう時は、絞りましょう。
絞り優先オートにしておくと、設定した絞りにシャッタースピード対して後は勝手に設定してくれるので、ボケ感を楽しみたいときはお勧めです。
まとめ:明るいときは絞る。暗いときは開放。絞り優先オートは便利。

ISO感度

アイエスオー感度、イソ感度などといわれます。簡単に言うと光に対するセンサーの感度のことです。
デジカメは、本体の設定で変えることが可能です。簡単でいいです。フィルムカメラはISO感度はフィルムを変えることで変えていました。ISO感度はコンデジやスマホでも、変更できます。ISO感度は高いほど暗いところでも明るく写ります。
日中の明るい場所では100か200で十分なことが多いです。室内や少しくらい場所では400程度、
夜景や400~です。
夜景をISO感度100で撮影するとシャッター速度を1/10秒くらいにしないとシャッターが切れない場所があったとします。
それをISO感度800にすると1/400秒くらいでシャッターが切れるようになります。
シャッタースピードが長いほどぶれるため、シャッタースピードを維持するために絞り値だけで対応できない場合はISOをあげたりします。
鳥などの動きをうまく撮るために、シャッタースピードを速くします。そのため、昼でも、ISO感度6400などでブレを防いで撮るという場合もあったりします。
ISOをあげると手ぶれやノイズ(写真に現れる色のついた点)の原因なります。
ノイズはある程度、加工して消せるので、あまりこだわり過ぎず、シャッタースピードなどを優先する方が撮影しやすいです。
まとめ:暗いときはISO感度を上げていく。

適正露出とは

適正露出は一応、白とび、黒つぶれしていなくて、明るさの偏りがないような状態になります。
ただ、自分が表現したい明るさが適正露出という形になると思います。
暗いからだめ、明るいからだめということはないと思います。あえてそういう写真を狙うこともあります。
写真を撮っていて自分がいいなと思う風景を、見たままに撮影できるというのは大事だと思います。
露出が一番明るいのは絞りを全開放して、シャッタースピードを一番遅くして、ISOを一番上げたときです。その状態で撮ることはあんまりないと思います。シャッタースピードを速くした分、絞りを開放したりといった具合に明るさを調整して撮影します。
何度も変更して、自分の求めた露出に持っていくのも、写真の楽しみ方だと思います。
最後に、露出を決める代表的なものは、シャッタースピード、絞り値、ISO感度です。
次はそれぞれの項目ごとに、個別に記事にしたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました