元手ゼロ。すぐできる。カメラで副業 ストックフォトに挑戦

フォトのアイキャッチカメラ

スマホを持っている。カメラアプリの使い方を知っている。おめでとうございます。あなたはストックフォトという副業に挑戦できます。

写真でお金を稼ぐ

写真はかなり多くの仕事において必要なものだと思います。それだけニーズがあります。また、面白いことにプロの写真が必ずしも、必要ではないこともあります。

あえて素人の写真を使うということも、デザインの現場などでは必要なことがあるからです。

そういう写真を探す目的で、ストックフォトを使う方も一定数おられます。たとえ、あなたがプロのカメラマンでなくても、あなたの写真にもニーズがあるということです。

ストックフォトに必要なもの

必須

・カメラ付きのスマホ(800万画素以上推奨)

・ネット環境

・メールアドレス(フリーメール可)

これだけあればいいです。この環境がない人の方が珍しいですね。回線契約を結んだそこそこのスマホで事足ります。僕は1万5000円のスマホを使ってます。

あるといいもの

・デジタル一眼レフカメラ

・写真加工ソフト

・PC

・スキャナ

デジタル一眼レフカメラで撮った写真でないと審査が通らないサイトもあるにはあります。ただ、スマホで十分通るサイトもあります。

写真加工ソフトはphotoshopが有名です。スマホのアプリでもいいものがたくさんあります。windows10のフォトという標準搭載のソフトでも十分です。

PCは写真を一気に登録する場合は必要です。スマホサイトだと1枚ずつしか登録できないサイトもあるためです。必須ではないです。

スキャナはあったら布や紙をスキャンして写真素材にできます。コンビニのコピーも利用できます。

スキャンファイル形式をjpgにするよう注意してください。

副業としてのストックフォト

前提として、アフィリエイトなどの副業と同じく、儲ける人と儲からない人は、やはり出てきます。僕自身もあんまり儲かってないです。どちらかというと趣味寄りです。
ただ、趣味で撮った写真を登録しておくだけで、お金が入ってくる仕組みというのは、悪くないと思っています。最初の数年を写真を登録しまくるための投資期間と見て、十年後にはある程度まとまったお金になっていればいいかなと考えています。
1日10円でも10年なら36500です。
そういう仕組みを10個作れば何もしなくても35万が十年後に入ってきます。
銀行の金利よりはいいと考えます。
儲かる人はサラリーマンの月収レベルに儲けているので、月に数千円くらいなら継続することで達成できると考えています。そのため、あくまで、位置づけは副業という形になります。

ストックフォトの種類

たくさんあります。どれがお勧めとかの比較は比較記事を書いている方のお任せするとして、私自身が使っているのは写真ACPIXTAにクリエイター登録して写真をUPしています。

特に長く使っている写真ACについてここで書いてみます。

写真AC

一年半くらい写真UPしていますが、初期のころは承認審査が甘く、すごく簡単に審査が通っていました。そのころの写真を今見ると恥ずかしいくらいです。
ただ、いまだにDLされているものもあるので、需要はあるようです。
しばらくして、テレビで取り上げられ、認知が向上したため、審査が厳しくなりました。そのころは、著者の撮影テクニックもレタッチのやり方もしょぼかったので、審査に落ちまくるようになりました。ひどいときは7割が非承認です。しかも落ちた理由が不明瞭この上なかったです。最近では結構、詳しく教えてくれるので、だいぶ改善されたと思っています。

写真ACの良いところ

冒頭でも述べましたが、写真ACのいいところはスマホやコンデジでも、ちゃんと撮ってあれば審査が通ります。(条件さえ満たしていれば機種に制限がない。)
ちゃんとというのは、
・水平がとれている。
・露出、ホワイトバランスが著しくずれていない。(昼の写真を夕方っぽくしたのは通ることあり)
・ピンボケしていない
・構図がおかしくない。変なところで切れていない。
などの基本的な技術面と
・著作権、肖像権、プライバシー侵害していない。
・同じような画像がたくさん上がっていない。
・タグやカテゴリに不要なものがない。
などの権利関係です。
解像度は300dpiあるに越したことはないですが、スマホで撮ってそのままあげたものでも審査が通ったので、72dpiでも通ります。
何より登録制限は特になく。一度に20個まで(PC)、スマホは一枚ずつの制限はありますが、一ヶ月20枚程度の制限のあるPIXTAに比べると、ありがたいです。
そのため、ストックフォトの入門の場として写真ACを選ぶことをお勧めします。(もちろん、メインで使ってもいいと思います。)
PIXTAは基本的に有料販売サイトのため、写真ACより審査がシビアだと感じます。特に一眼レフでrawでとって現像したJPGでない場合は落とされる可能性が高いです。
一眼レフを持っていない場合も写真ACをお勧めします。

ストックフォトの権利関係

商用フリーのストックフォトの場合、気をつけないといけないのが、商用利用の範囲です。

観光地など撮った写真の許可なしの商用利用を禁止している場所もあります。

そういった商用利用不可の写真をっストックフォトにアップし、それをサイトのユーザーがDLして使った販売する雑誌に掲載した場合は商用利用となります。事前にストックフォトに乗せることを許可を得ていれば問題ないですが、そうでない場合、権利で、揉める場合があります。観光地などは一度問い合わせたほうがよいと考えます。

街並みの一部や通りの写真としてとる場合は、問題になることは少ないです。公道など誰でも入れる場所から見えているものに関しては、特に芸術性のあるものを除けば写真で撮ることで著作権違反に問われることはほとんどないそうです。「建築物の著作権」などで知らべてみてください。長崎のハウステンボスのようにテーマパークに著作権がある場合やエッフェル塔のイルミネーションのようにイルミネーションにデザイナーの著作権がある場合はあります。そういう場合は注意が必要です。(写真ACはそのあたりが結構厳しく審査されます。)

次に肖像権、プライバシーですが、顔が見えていればそれはNGです。
PCで100%の大きさにして確認してください。
画像に合わせた大きさ(全体表示)でわからなくても100%の大きさで表示すると顔が見えることがあります。加工して、ボケさせたりブレさせたりして識別できなくしてください。
顔がわからなくても見る人が見ればわかる写真はNGだったりします。
顔だしの場合は、たとえ自分がモデルでもモデルリリースが必要です。
ただ、もう少しで顔をAIが作った存在しない人の顔に差し替えるサービスが写真ACではできる予定です。(追記:2019年11月現在でも完成していません。)
プライバシーと商標権についてですが、車のナンバープレートや船の船体番号、企業のロゴ、連絡先の電話番号などの個人情報が載っていると登録NGになります。加工してぼかす、消す必要があります。

継続が力なり

ストックフォトはこつこつと続けることが大切です。登録1000件を越えたころからやっと一日のDL数が10件超えるようになりました。

確実に写真の腕とレタッチの腕は上がりました。DLした方からお礼のコメントをもらうこともできました。日々続けることが大事だと思います。

まずは毎日Upし続けることを目標にしてがんばってみてください。

タイトルとURLをコピーしました