趣味と生きる。カメラを仕事にしていくための3つの方法

フォトアイキャッチカメラ
働き方改革で副業(Wワーク)が解禁されて、趣味をしごとに変えている方も多くなりました。
ただ、いきなり儲かるわけではなく、何か月、そして何年も続けている方が成功しているパターンが多いです。なかでも写真はスマホでできる副業もあるので、挑戦しやすいジャンルです。あなたがスマホを持っているなら、ぜひ一度挑戦してみてください。
始めやすさを★で表しています。(始めやすい★1~始めにくい★3)

カメラマン出張撮影サービス :★3

ウェディングや七五三などの写真撮影をスタジオではなく、公園や観光地などお客さんの希望に応じたロケーションでの撮影をするサービスです。

フォトワといったマッチングサイトにカメラマンとして登録し、依頼が入ったら撮影しに行くというスタイルです。大体一回2万程度の撮影で50%が手元に入ってくるといったような仕組みが多いです。

始めやすさはちょっと難易度が高めです。審査があることと、一眼レフのデジカメが必要な場合がほとんどのためです。

仕事の特徴

メリット

・依頼OKの日を自分で組めるので、自分の好きなタイミングで働ける。
・一回の撮影は一時間程度なので時給単価は高い。
といったことがあげられます。

デメリット

・カメラマンの経歴が浅いと登録審査に受かるかどうか。(機材の有無も関係することもある。)
・登録後も依頼が来なければ収入0のリスク
といったことがあげられます。
ただ、数をこなすには向いているので、単価を下げるなどして依頼が舞い込むように仕組みを作れば実績作りにも使えます。

クラウドソーシングでの仕事 ★2

近年、クラウドソーシングでフリーランスで仕事をする方が増えつつあります。
ただ、アフィリエイトやユーチューバーなどと似ていて稼げる人とそうでない人の差はやはりあるようです。
始めやすさは、登録自体は審査もなく、個人情報と振込先、本人確認程度です。
サイトへの登録にスキルが問われることもないです。

仕事受けるのが難しい

写真撮影の案件はあまり多くなく、都内周辺を対象としたものが多いため、地方では、まだ、うまく稼ぐことはできないかもしれません。
ただ、仕事が0ではないため、毎日できる仕事がないか探してみるのもよいと思います。
案件としては、電子書籍向けの写真提供や運動会やイベントでのカメラマンといった仕事が見受けられます。

インスタグラマー、旅人 ★1

写真で稼ぐというよりは、インスタグラムでフォロワーを増やして、お金を稼ぐ方法です。始めやすさは、★1すごく簡単です。インスタグラムに登録するだけです。

写真を撮ってUPするだけで、スマホでも可能な仕事です。

地盤づくりをコツコツと

インスタグラムのフォロワー数が一定以上あればインフルエンサーとして登録して広告収入を得ることができたり、旅人登録して企業スポンサーをつけて旅の写真を撮りながらお金がもらえたりということができるサービスが増えつつあります。

SAGOJOなどが旅人と企業をマッチングしていたりします。仕事をうけるのにカメラのスキルやインスタグラムのフォロワー数が必要だったりしますが、こちらも写真を生かして副業できます。

そこまでの地盤を作るのが大変です。成功している人達が長い期間をかけてコツコツとやってきた結果の仕事という側面が強いです。まずは、趣味から始めるというのがいいと思います。

まとめ

今回はストックフォト以外に写真で行う副業について書いてみました。

撮影して撮影料を撮る。
撮った写真を売る。
撮った写真を使って宣伝・集客するの3つの方法を載せましたが、写真はいろんなことに使えるので、直接儲けにならなくても、役に立つことは多いと思います。
いろんなことを挑戦しながら、ぜひ自分にあった副業スタイルを見つけてみてください。

タイトルとURLをコピーしました