撮り比べて理解するあおり構図と俯瞰構図を使って、一味違った写真を撮る。

あおりで撮った森林カメラ

あおりと俯瞰を使って、一味違った写真を撮る。

あおり構図と俯瞰構図はよく使う撮り方です。
あおりと俯瞰は被写体の位置ではなくレンズの位置で決まるので、あおり+三分割といった撮影もできます。
あおりは高さを伝えることができ、俯瞰は広さを伝えることができます。
また、あおりや俯瞰にするだけでガラッと雰囲気が変わります。今回はそんな「あおり」と「ふかん」を撮り比べてみました。

水平アングル

上から下(俯瞰)でも下から上(あおり)でもない撮り方。

単純にカメラをまっすぐ持って撮る一番スタンダードな撮り方になります。

水平アングルの写真

一番見たままの状態で撮っていることになります。その分ありきたりになりやすいかもしれません。

水平アングル=標準的なアングル

あおり構図(ローアングル)

下から見上げるように撮ります。建物を撮るときにあおりで撮影することもあります。

匍匐状態で撮影することをあおりとはいいません。

不動産の物件の写真の場合などはパースがついて斜めに傾いている感じを与えることがあるため、お勧めしません。

お城やタワー、ビルなどをあおりで撮ることで迫力がでたりします。

威圧感を出すような写真はあおり構図が向いています。

あおり構図の例です。門の大きさが伝わるようにカメラを上に向けあおりで撮りました。

花を下からあおりで撮影したりすることでダイナミックさを表現できます。

あおり(ローアングル)は下から上へ見上げる構図

俯瞰構図(ハイアングル)

上から見おろす様に撮るのが俯瞰構図です。

最近、自撮りを俯瞰でとる人が多いようです。

そのほうが、キレイにしゅっと細く写ります。自撮りが苦手な方は、いつもより上から自撮りしてみてください。

俯瞰構図は、風景全体を見せたい場合などにもよく使います。

歩道橋の上から撮影した写真です。俯瞰で撮ると足元から遠くまでを移せます。

その分、空などとの面積は減ります。

俯瞰の例

 

俯瞰(ハイアングル)は上から下を見おろす構図

比べてみよう、アングルとポジション

水平アングルの状態で、高いところで撮ることはハイポジション、低いところで撮ることはローポジション、目の高さはアイレベルとなります。

ハイポジションの写真

ハイポジション

アイキャッチの写真

アイキャッチ

ローポジションの写真

ローポジション
アングルはカメラの傾きが上か下か、ポジションはカメラの位置が上か下かになります。
組み合わせて撮影することも可能です。
匍匐状態で、カメラを水平撮ればローポジション、水平アングル構図の写真。
匍匐状態で、カメラを上に向けて撮影すればローポジション、あおり構図の写真になります。
アングルはカメラの傾き、ポジションはカメラの位置

ありきたりだなと思ったら、俯瞰やあおりを使ってみる。

俯瞰とあおりはやってみるだけでもだいぶ撮れる写真に違いが出るので、いつも見ている風景をあおりや俯瞰で撮ってみてください。

あおり

あおりだと足元の海が多くフレーミングされる

煽り

俯瞰

俯瞰だと足元の海が多くフレーミングされる
俯瞰だと足元の海が多くフレーミングされる
タイトルとURLをコピーしました