撮り比べハイキーとローキー比較。オーバーとアンダーとの違い

カメラ

露出補正を使って写真の雰囲気を変えてみる。

露出を補正を使うと、写真を明るくしたり、暗くしたりできます。
逆光の時に明るくしたり、順光で暗くして白飛びを防ぐのが、正統な使い方だと思いますが、
任意で明るくしてハイキーに撮ったり、暗くしてローキーに撮ったりもできます。
ハイキーにしたい写真、ローキーにしたい写真についてみて生きたと思います。

ハイキーが向いている写真

ハイキーとは露出をプラスに補正することです。
ハイキーは意図的に、露出をオーバー気味にして撮影した写真のことを言います。
基本的に明るくなるため、やわらかい雰囲気になっていきます。
やわらかく撮りたいときに使ってみてください。
花や春の雰囲気、女性や子供、可愛い系の動物などです。
やりすぎると白飛びしたり、真っ白になりますので、少しずつ値を上げて好きな雰囲気の写真のところまで上げてみてください。
似たようなものに露出オーバーの写真というがありますが、それは、絞りやシャッタースピードの設定ミスで明るく撮れた写真です。

逆行撮影時

逆行で撮影すると、被写体の正面が暗くなります。

特に花などを、逆光で花びらを透かせて撮るとわかりますが、花びらは透けますが、正面の花弁やしべなどは暗くなります。そこで露出補正を+にして撮影すると逆光の影が薄くなります。逆光のように、背景が明るくて、被写体が暗いときには、ハイキーを使うと被写体が明るくなるため有効です。

ローキーが向いている写真

ローキーは露出補正をマイナスにすることです。
ローキーは、意図的にアンダーにした写真のことを言います。
露出を下げるほど暗くなっていきます。
暗くするのが悪いわけではなく、空や海の青さは露出を下げたほうがキレイに出ることがあります。
クールな写真は、ローキーで撮ると撮りやすいです。
男性やかっこいい系の動物、ロボットや乗り物、冬のイメージはこっちです。
また、夕方にシルエットにするためにローキーにすることもあります。
こちらも似たようなものに、露出アンダーというのがあります。絞りやシャッタースピードの設定ミスにより暗く撮れたしまった写真になります。

イルミネーションなど周りが暗い発光体につかう

背景(周り)が暗くて、被写体が明るいときはローキーにすると、被写体が暗くなり見やすくなります。
イルミネーションなどにも有効です。

ハイキーとローキーの例

ハイキーの撮影の例

ハイキーの写真

ハイキーの撮影の例

ローキーの写真

タイトルとURLをコピーしました