写真でも使う色の基礎知識

カメラ

色について学び写真をよりキレイにする。

撮影時よりは、レタッチよりの記事になります。
インスタグラムの標準機能でも色を変更できます。

身近になったレタッチのために色についてまとめたいと思います。

色の3属性

色は3つの要素によってできています。
色相、彩度、明度です。どの色層のどの明度のどの彩度かということで色が決まります。

色相

色相として定められた色のどこに所属するということです。

マンセル色相関という色相の考え方では、

赤、黄赤(オレンジ)、黄(イエロー)、黄緑、緑、青緑(シアン)、青、紫青、紫、赤紫(マゼンタ)の10の色相(色が10色ある)に分けて考えます。

色相基準となる色を純色といいます。

彩度

色の濃さです。

赤ならどれだけ赤いか。

RGBで言えばRが255の状態です。彩度が最高のものが純色です。純色から薄くなるほど淡くなります。

白黒は彩度がないため無彩色となります。

明度

色の明るさです。
一番明るいものが白(RGB(255,255,255))、一番暗いものが黒で(RGB(0,0,0))
明るいほど白っぽく、暗いほど黒っぽい色になります。

レタッチするときの変更場所

彩度

「彩度」、「自然な彩度」の項目で変更します。
値を上げすぎると、どぎつい感じになってしまうので、あまりいじり過ぎないように変更します。
彩度はピントの合っている周辺の色、自然な彩度は背景の色に対して変更がかかります。

彩度を変えたものです左は最低値(-100)右は最高値(+100)です。

最低まで下げると彩度が失われ、グレースケールになります。

明度

「露光量」、「シャドウ」、「ハイライト」、「黒レベル」や「白レベル」
で変更します。
白とびや黒つぶれに気をつけてレタッチしていきます。
基本的には露光量以外の項目で修正し、4項目の値を大きく動かさないと修正できない場合のみ、露光量をいじるほうが修正し易いです。

また、コントラストで明度差を変更できます。

すべて明るいほうに振ると真っ白、すべて暗いほうに振ると真っ黒になります。

色相

ホワイトバランスの項目である程度、色相を変更できます。

曇天なら赤い色相、電球なら青いしきそうに変わります。

モノトーンにすれば無彩色になります。

フォトショップの色の置き換え機能を使えば、青い色相を赤くするといったことも可能です。

色は3つの属性からなっている

今回は色の基礎ということで3属性について習いました。

明度や、彩度はレタッチする上でよく調整します。

値を変えると何が変わるのかを知ることで、よい作品に仕上げることができます。

タイトルとURLをコピーしました