ストックフォトでDLされた写真を解析してみた

フォトアイキャッチストックフォト

ストックフォトのDL数伸びないという悩み

ストックフォトのDL数が伸びなくなってきていて、一回DLすうが多い人との違いを見比べてみようと思って調べてみました。

今回は、写真ACでの話しになります。

自分の素材のDLが多いものの傾向

まずは自分の素材がどうかということを知ろうと思い調べました。

タグ数:平均7

ジャンル:車関連、テクスチャ

傷がついた車の写真などを上げていたので、自動車整備関連の会社のDLが多いようです。

数こそ多くないですが、設備関連(倉庫や空調設備の写真)建物のひびの入ったテクスチャがDL多いことから、設備関連や建築関連のDLが多いのだろうと考えます。

実際に、使われていたのを調べましたが、WEBで修理を請け負っている会社のHPに使われていたりしました。

自分の画像が使われているかどうかは、画像を右クリックして「googleで画像を検索」を選べばできます。検索結果に出れば、WEBで利用されていることがわかります。

ただ、そのまま使われている場合のみのため、テクスチャなど加工前提の素材はわからないことが多いです。

DL上位ユーザーとの違い

次に、上位ユーザーについて調べてみました。

質の高い写真がたくさんですが、ストックフォトには質が高くてもDLされていない写真もたくさんありますので、ここでは質の高さ以外の部分を見ていきます。

タグ数

少ないものでも30以上あります。50を超えているタグをつけているものもたくさんです。

検索キーワードの類似、表記のゆれ対応はある程度してあるサイトが多いですが、まだまだ、対応できていないため、フリー素材、無料素材、フリー、写真素材といった重複気味のものも入れておいたほうがいいようです。

通年や背景のように複数に共通するキーワードは、テンプレート可しておくといいかもしれません。

ジャンル

半分くらい空の画像が占めています。

ひまわり+空のように季節の画像との組み合わせもあります。

空、海、季節の画像、ビジネス(とくにイメージ系)、テクスチャの画像が多い傾向です。

空、海は、別の写真の背景と合成して使うことが多いため、テクスチャの一種とも取れます。

そのため、背景、テクスチャ系統が多い印象です。

実際にデザイナーをしていたときに、写真ACで背景をDLして、パンフレットに使ったこともありました。日数やコストもかけれないけど、質より速さで納品を求められるときはフリーの背景を利用します。そういうニーズが意外と多いのかもしれません。

サイトの利用者の職業とかをクリエイターに公開してもらえるといいなとは思います。

UPするなら背景、テクスチャ系がおすすめ

競合は多いですが、壁のしみでも同じ形のしみはなかなかありません。

そういう意味で、パターンは無限にあります。

類似素材で承認されないこともありますが、はじめて行く場所で、面白い壁や地面を探したり、

空の雲が変わった形がないか探して見つけたら撮ってUPするという手軽さなので、旅行やお出かけで、素材集めができます。

よほど特徴的な壁や床ではない限り、著作権などは存在しませんし、公道から見えるような状態ならそんなに問題になりません。

まずはタグを30個くらいつける

当面の目標はこれかなと思いました。

DLの多いものから少しずつタグ数を30個以上にしていこうと思います。

関係のないものをつけると非公開にされる恐れもあります。

その点は注意して作業が必要です。

タイトルとURLをコピーしました