初心者向け写真・カメラ用語辞典④色、光編

用語辞典 光色カメラ

色、光関連の用語をまとめました。

写真でも使う色の基礎知識に詳細を書いた記事があります。参考にしてみてください。

色に関する用語

三原色

その3色の組み合わせであらゆる色を表現できるすべての色の基となる3色。

色材(インク、絵の具など)はCMY(シアン、マゼンタ、イエロー)。

光(PCやテレビ、スマホ)はRGB(レッド、グリーン、ブルー)の三色になる。

色材の三原色

CMY(シアン、マゼンタ、イエロー)の3色。この3色を混ぜることで、あらゆる色を作り出せる。

おもにオフセット印刷(印刷工場の印刷機)での印刷でこの色を利用する。

3色を同じ割合で混ぜると理論上は黒となる。色材で色を混ぜて作る場合、絵の具を足していくため、光を吸収する面が増えるため暗くなっていく。そのため光が減るという意味で減法混色といわれる。

CMYK

CMY(シアン、マゼンタ、イエロー)+K(黒)

CMYを混ぜると理論上は黒だが、厳密には完全な黒にならない。

また、黒のために3色のインクを混ぜるのはもったいないということから、オフセット印刷では

CMYの3色と黒のインクで印刷している。それをCMYKと表現している。

色の三属性

色相・彩度・明度のこと色を構成する3つの要素。

どの色相のどのくらい彩度のどのくらいの明度の色であるかで色を判別している。

CMYで表現するとイエローならYを増やすと彩度が増し、減らすと彩度が下がる。

緑はCYの組み合わせなので、CYをどのくらい増やすかで彩度が変化する。

Cがおおいと青よりの緑、Yが多いと黄色よりの緑になる。

色相

赤、青といった色の大分類。何種類か分け方があるため分け方によって色相は変わるが、

赤、オレンジ、イエロー、黄緑、緑、青緑、青、青紫、赤紫といったわけ方をされたりする。

一般的に青っぽい、黄色っぽいといったする色の感覚。

彩度

色の鮮やかさ、紅葉や夕焼けの赤さ、空の青、新緑の緑などどのくらい濃いのかどうか。

一番濃いものが原色といわれる。原色は色相の基準の色になる(赤、青、黄色)。

彩度がないものを無彩色という

明度

色の明るさ。

白が一番高く、黒が一番低い。ほかの色はどれだけ白に近い(明るい)か、黒に近い(暗い)かになる。

CMYKで言うと、Kの値を変化させるときの色の変化。

無彩色

彩度のない色。白灰黒。といった色。

トーン

色調。明度、彩度の組み合わせで作られる呼ばれる色のイメージ分け。

グラデーション

色が段階的、連続的に変化していく表現。

色相のグラデーション、彩度のグラデーション、明度のグラデーションといろんな種類がある。

光に関する用語

光の三原色

光で色を表現するさいに、この3色ですべての色が作り出せるの組み合わせの3色。

RGBは光を足して色を作るため、光が増える問いことで加法混色といわれる。

RGB

RGB(レッド、グリーン、ブルー)。

3つの光をすべて足すと白色光になる。

アルファ(α)

透明度の表現。

αが100%なら不透明、50%なら半透明、0%なら見えないというように透明度を制御できる。

白との大きな違いは、背景が透けて見えることである。

シャドウ・ハイライト

写真の一番暗い部分をシャドウ、一番明るい部分をハイライト

黒つぶれ、白とび

暗すぎて、色情報を失った状態を黒つぶれ、明るすぎて色状態を失ったものを白とびという。

修正が難しいため、主題が極端に白とび黒つぶれしないように撮影する必要がある。

白色光をプリズム(三角のガラス)に当てると各色の光の屈折率の違いから7色に分かれ虹になる。

写真でも使う色の基礎知識に詳細を書いた記事があります。参考にしてみてください。 

タイトルとURLをコピーしました