脱・初心者 カメラの撮影モードとその使い方 オート、露出モード編

撮影モードダイヤルカメラ

持っているカメラ、オートで撮影してませんか?

別に間違ってはいません。オートで十分なシチュエーションも多いです。

初心者がオートで撮った写真が、めちゃくちゃいい写真ということもあります。

ただ、カメラのモードを知ることで、より良い写真が撮れる確率があがるように思えます。

今回はオートモードと露出モードについての記事です。

カメラのモードとは

オートモード、シーンモード、露出モードの3つに分けられます。

スマホの多くは基本的には絞りとシャッタースピードを変更できないタイプのプログラムオートモードになっています。(機種によりますが、、、。)

ハイエンド機や特定のアプリを使うことでほかのモードに対応できるものもあります。

デジタル一眼レフ、ミラーレス一眼はダイヤルでモード切替えて使うことができます。

オートモード

オートモードは絞り、シャッタースピード、ISO、WBの設定を自動であわせてくれます。

そのため、意図的に明るくするやシャッタースピードを遅くするといったことに対応できないこともあります。

カメラの初期設定のようなモード。デジタル一眼レフカメラなどを買った際に、カメラの基本的な使い方を学ぶときや、構図の練習などに使うなど設定以外のことを練習するときに、このモードにして撮影することが多いです。

また、集合写真などは下手にマニュアルで、ごちゃごちゃするよりもオートで撮るほうが、早いこともあります。

オートで撮影して失敗は少ないので、設定がよくわからないときや細かく変える必要がある時(移動しながら撮る)はオートで撮ってしまってもいいと思います。

 

露出モード

プログラムオート

基本的には、オートと一緒で、自動的に絞りやシャッタースピードをあわせてくれます。

オートとの違いは、自動で設定された値を自分で変更できる点とISO、WBは自分で設定できる点です。

絞り5.6、シャッタースピード1/100 にオートで設定されたものを、絞り4.5に変更することができます。このときシャッタースピードは自動で対応するものに変更されます。

オートからほかのモードへと移行するときに練習として、絞りやシャッタースピードの変更の仕方や変更するとどうなるのかを学ぶモードにはいいかもしれません。

あまり使う機会はないモードですが、オートと同じく失敗は少ないので、確実に撮りたいときにオートの変わりに使うことはあるかもしれません。

ニコンだとダイヤルPです。(機種によって違ったらごめんなさい。)

シャッタースピード優先オート

ニコンの場合はダイヤルのSになります。

シャッタースピードは自分で設定した値、絞り値はオートで設定という形になります。

プログラムオートとの違いは、シャッタースピードを自動で設定しないことです。

明るいところから暗いところに入った際に、シャッタスピードを変えないと絞りが変わらない為、適正露出にならずくらい写真になってしまう可能性があります。

シャッタースピードを自分で決めることがおおいので、動くものを撮る時、ブレを生かした写真を撮りたいときはよく使います。

絞り優先オート

だいたい、脱初心者といわれている記事や本で紹介されているモードです。ニコンだとダイヤルAです。

絞りを自分で設定し、シャッタースピードはデジカメ任せです。

玉ボケ写真を撮るときに重宝するモードです。絞りを2くらいまで開放して、写真を撮ると玉ボケします。

プロの方も、マニュアル以外ではこれで撮っていることがあるくらいよく使うモードです。

オートではなかなか撮れない写真が撮影できるので、このモードで撮り始めてから写真が楽しくなりました。

マニュアルモード

全部自分で決めるモードです。プロの方は、ほとんどこのモードだと思います。ニコンだとダイヤルMです。

絞りとシャッタースピードの関係、ISOの設定、WBの4つは最低限抑えた上で、自分でいろいろ試して、腕を上げるのにも、このモードで撮影するのは、必要だと思います。

絞り優先オートとシャッタースピード優先オートに慣れたら、ぜひ挑戦してみてください。

すべての値が自分で設定した値から変わらない為、

場所を変えるたび、被写体を代えるたび、カメラの傾きだけなど周囲の光の加減が少し変わっただけで、露出が変わり、適宜調整が必要になります。動き回って数を撮影するときは向いてないと思います。

 

段階を経て覚えていく撮影モード

撮影モードの覚え方にルールはありませんが、最初はカメラの使い方一眼レフはシャッターの押し方や、ピントの合わせ方(スマホなどと違います。)などを覚えていくのが先だと思います。何より実際に使わないと覚えれないので、写真がうまく撮れていないという自体を避けるためにオートかプログラムオートで慣れることを最初にしたほうが、挫折しなくていいかなと思います。

その後、ほかの方の玉ボケ写真や、ぶれた写真、動くものがうまく撮れないといった問題や他者との比較しながら、絞りやシャッタースピードについて学び、絞り優先オートなどを使っていけばいいのかなと考えます。

最後にマニュアルでちょっとやってみようかなと思ったときにマニュアルに挑戦すればいいと思います。

マニュアルで撮ったからいい写真というわけではなく、自分の撮った写真で喜んでもらえればオートでもマニュアルでもいいと思います。

ただ、喜んでもらう幅を広げる上でマニュアルを覚えるのも悪くないと思います。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました