シーンに合わせて写真を撮影しよう。シーンモード

撮影モードダイヤルカメラ

初心者向けの撮影モード「シーンモード」

前回デジカメのオートモードと露出モードについて説明しました。

今回はシーンモードについて書きたいと思います。

シーンモードとは

用意されたシーンに合わせた適切な設定のモード。

撮るシーンが決まっているなら、それに対応したシーンモードを選ぶことで、撮影し易くなる。

シーンはカメラの種類によって違います。コンパクトデジカメでも搭載されているものもあります。

主なシーンモード

ポートレート

人物撮影用のシーンモード。肌の質感などがきれいに写る設定になる。

また、絞り値が低めに設定されるため、背景のボケなども表現される。

コンデジ搭載されているシーンモードの代表格。

風景

風景撮影のシーンモード。端から端まで、しっかりピントが合った状態になるように設定される。

絞り値が高くなるため、シャッター速度は遅くなる。手振れしやすくなるので、状況に応じては三脚や置いて撮る事も検討する。

子供

子供撮影用ののシーンモード。七五三や子供をつれての旅行などでお世話になるかもしれません。

子供の肌つやをきれいに表現しつつ、背景や服の色はきれいに表現するイメージの設定です。

スポーツ

動きの多い被写体向けの設定のシーンモード。シャッタースピード速めです。

運動会などに向いている、それに対応した設定になります。

クローズアップ

花や、虫などをきれいに撮れるようにする設定のシーンモード。シャッタースピードが少し遅めになる。三脚があったほうがいいかもしれません。

できるだけズームして(望遠側)で撮ったほうが綺麗に取れる可能性が高いと思われます。

夜景ポートレート

夜の人物撮影用の設定のシーンモード。スローシンクロの設定もオンになっています。(カメラによって違いますが、多くカメラでスローシンクロがオンです。)

スローシンクロは低速シャッターで露光量を確保しつつ、手前の被写体をストロボで明るく照らし出すというあわせ技です。

ストロボ持っているけど、なんか使い方わからないときは、ストロボをつけて夜間ポートレートモードで撮ったらいいと思います。

あまり近いとモデルさんの目が光にやられるので、距離をとることや、光の調整、目線などに注意してください。

シーンモードは、オートモードとマニュアルモードの間

機能的にはオートモードと露出モードの間がシーンモードだと思います。

オートモードで基本的な使い方を学んだ後、プログラムオート、絞り優先オート、シャッタースピード優先オートと進むと前回書きました。

その後、マニュアルモードに移行していく方もおられると思いますが、その前にシーンモードで少し練習してみるのもいいと思います。

花の撮るときにシーンモードにするとどういう設定になっているか見ることができます。まずはシーンモードのまねから入り、もう少し明るくしたい、暗くしたい、色を綺麗にしたいなど、自分流にアレンジしていくと設定し易くなるのかなと思います。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました