たくさんあるレタッチの項目をひとつずつ変えていってみる。

レタッチ画面の例。フォトショップの画面です。カメラ

レタッチのときに項目がたくさんでわからない。

そこで今回は、レタッチ時にPhotShopの各項目を変更するとどういう風に写真が変化するのかを見ていこうと思います。

レタッチの基本的な項目

レタッチ画面の例。フォトショップの画面です。レタッチ時の画面です。

photoshopCCを利用しています。lightroomも現像の画面は同じような画面になります。

また、多くの写真加工・レタッチのアプリも同じような設定項目を用いています。

赤枠①がヒストグラムです。これを見て適正露出に直したりします。

左の三角が赤いのは一部黒つぶれしているためです。

オレンジの枠②が実際に加工する際に変更する項目になります。

色表現

カラーかモノクロかの違いです。ここは、カラー写真にするならカラーにしてください。

プロファイル

ピクチャーコントロール、ピクチャースタイルといわれる制御項目です。

色味やシャープネスなどの値が設定によって変わります。撮影したものにあわせたものを設定するといいです。

カラープロファイル比較画像

カラープロファイル スタンダード

モノクローム画像

カラープロファイル モノクローム

 

 

 

 

 

ホワイトバランス

ホワイトバランスを変更できます。

撮影時設定や自動判別に選択項目にあります。rawファイルの場合は、種類が多くなります。

ホワイトバランス色温度低

ホワイトバランス色温度低

ホワイトバランス昼光

ホワイトバランス昼光

ホワイトバランス色温度高

ホワイトバランス色温度高

 

 

 

 

 

後述の色温度でも変更できます。WBはテンプレート設定、色温度はマニュアル設定だと考えてください。

色温度

ホワイトバランスを手動でいじる際に利用します。

一番最大まであげて、少しずつ下げていき、白が白く見えるところにすると適正にあわせ易いです。

あえて暖かくや寒くすることもあります。

左に行くほど色温度・低(青・緑系)、右に行くほど色温度・高(赤・オレンジ系)です。

色かぶり補正

右に行くほど紫に左に行くほど緑がかります。変な色が(赤みがかっているなど)かぶっているときに利用します。かぶっていないときに使うと緑(紫)がかるだけなので使いません。

露光量

写真がアンダー気味なときに明るくしたり、逆に暗くしたりします。

ハイライト、シャドウ、白レベル、黒レベルで大きくレタッチしないとだめなときに動かします。

ほかの項目で修正できるときは、意図的に明るくしたときなどを除いてあまり動かさないほうがいいと思います。

露光をー2.5した画像

露光を-2.5した画像

基準画像

基準画像

 

 

 

露光を+2.5した画像

露光を+2.5した画像

基準画像

基準画像

 

 

 

 

 

 

 

 

露光をいじれば、全体が暗く、もしくは明るくなります。画面を見ながら自分の求めている明るさにレタッチします。

コントラスト

メリハリ、強弱の修正です。値と上げると明るいところと暗いところがはっきりします。

コントラストー100の画像

コントラストー100の画像

基準画像

基準画像

 

 

 

 

 

 

コントラストを下げると、ぼんやりしました。女性のポートレートなどでコントラストを低めレタッチして、ふんわりした感じをだす人もいたりします。

コントラスト+100の画像

コントラスト+100の画像

基準画像

基準画像

 

 

 

 

 

シャドウ・ハイライト

ハイライトは明るい部分を、シャドウは影の部分を修正します。逆光でシルエットになった部分をシャドウを明るくして見えるようにしたりします。

シャドウ

基準の画像

基準の画像

シャドウを100(右)

シャドウを100(右)

 

 

 

 

 

基準の画像

基準の画像

シャドウー100

シャドウー100(左)

 

 

 

 

 

 

シャドウを+100すると逆光部分(暗いところ)が明るくなりはっきりしてきます。

逆にー100すると暗いところは完全に暗くなりシルエット写真ができます。

ハイライト

基準の画像

基準の画像

ハイライト100

ハイライト100

 

 

 

 

 

ハイライトを+100すると空の明るい部分がさらに明るくなりました。

基準の画像

基準の画像

ハイライト-100

ハイライト-100

 

 

 

 

 

ハイライトをー100にすると、明るかった空の部分が暗くなり夕焼けがはっきりしてきました。

白レベル・黒レベル (レベル補正)

白レベルはもっとも明るい部分の修正、黒レベルはもっとも暗い部分の修正になります。

白レベル

基準の画像

基準の画像

白レベル+100

白レベル+100

 

 

 

 

 

白レベルを+100すると一番明るい空の左側が明るくなります。

ハイライトよりもピンポイントで一番明るい場所が明るくなっています。

基準の画像

基準の画像

白レベルー100

白レベルー100

 

 

 

 

 

白レベルをー100にするとハイライトより範囲が狭い分、写真全体の暗くなる割合は少ないです。

黒レベル

基準の画像

基準の画像

黒レベル100

黒レベル100

 

 

 

 

 

一番くらい手前の草むらが明るくなります。範囲が狭いため、シャドウに比べれば明るくなっている感じが少ないです。

基準の画像

基準の画像

黒レベルー100

黒レベル-100

 

 

 

 

 

シャドウー100よりシルエットの度合いが強くなります。夕焼けも際立って見えます。

テクスチャ・明瞭度・霞の除去

写真をはっきりさせる項目です。

テクスチャは肌などの狭い範囲。明瞭どうは輪郭など中程度の範囲。霞の除去は広い範囲の修正です。

サルのデータ よごれたガラス越しにとっているのでかすんでいる

よごれたガラス越しにとっているので霞んでいる

テクスチャを70増やした サルの毛がはっきりする

テクスチャ+70

 

 

 

 

 

明瞭度を+70 テクスチャより少しきれいになります。

明瞭度+70

霞の除去をしよう

かすみの除去+70

 

 

 

 

 

すべて70

テクスチャ 明瞭度 かすみの除去+70ずつ

 

 

 

 

 

上記の画像の比較から、テクスチャを増やすと猿の毛などのテクスチャがはっきりしてくる。

明瞭度を上げると、全体的に輪郭などが明瞭になるが、猿のテクスチャは少しぼやけている。

かすみの除去をするともやがかかっていた部分が綺麗になり全体的に綺麗になる。

3つすべて適用することで、猿の毛などの質感が出て、輪郭がはっきりし、もやの消えた画像となる。

自然な彩度・彩度

彩度は大まかな範囲の彩度、自然な彩度は彩度の周辺の色をなだらかに修正する。

そのため、自然な彩度を+100したときはあまりビビッドな感じになっていないです。

(緑のポスカのキャップを見ると色の違いがほかよりわかり易いと思います。)

彩度+100の写真

彩度+100の写真

自然な彩度+100

自然な彩度+100

 

 

 

 

彩度ー100

彩度ー100

自然な彩度ー100

自然な彩度ー100

 

 

 

 

 

 

彩度を-100すると完全にモノクロになるが、自然な彩度の場合は完全なモノクロにならない。

項目ごとの変化を知って、自分の好みの写真をレタッチする。

今回は各項目ごとに値を変えるとどうなるのかを比較してみました。

特にレベル補正やかすみの除去はだいぶ大きく変わったと思います。

どういうレタッチが正解ということもなく、自分、見る人、見せたい人それぞれにあわせて適切にレタッチできればいいと思います。そのためにもいろんな設定をいじってレタッチの腕を磨いておいてもいいのかなと思います。

最近は日本にない色みを持った日本の風景なども評価を受けています。

レタッチによって、現実にはありえない写真を作って楽しむことができます。

lightroomならスマホアプリは無料なので、ぜひ使ってみてください。

iphone版 アンドロイド版

タイトルとURLをコピーしました