空の色で順光と逆光撮り比べ 

順光の空カメラ
順光の青空

逆光と順光で青空の色が違って写るんです。

今回は、逆光でとる場合、順光の場合のメリット、デメリットと青空を撮影した場合の違いです。

逆光とは

太陽を正面にして撮る方法です。

被写体の後ろから太陽が当たるため、被写体の正面が影で見えなくなることもあります。

メリット

・輪郭がはっきりする。

・花の花びらを透かせて撮影するなどの表現ができる

・海や空の奥行きが出る。

デメリット

・撮影する構図によってはまぶしい。

・そのまま撮影すると、正面が暗くなりがちで修正が必要になることもある。

・太陽にレンズを向けて撮るので、明るい部分は白とびしやすい。

順光とは

太陽を背中にして撮影する場合が順光です。

被写体の後ろに影ができます。顔に正面から光が当たるので、はっきりとした写真が取れます。

メリット

・全体に光が当たるので、はっきりした色の写真になる。

・花や紅葉はそのままの色が出るので、綺麗。

デメリット

・被写体が人物モデルの場合、モデルがまぶしい可能性がある。

・正面から見ると影の少ない写真になって陰影が表現しにくい。(のっぺりとかいわれる)

空の色も順光、逆光で変わる。

順光の空

順光の青空

逆光の空

逆光の青空

 

 

 

 

 

同じ場所で逆光と順光のほうをそれぞれ向いて撮影した写真になります。

順光の方は青が濃いですが、逆光のほうは空が薄いです。

逆光のほうが、レンズに入る光が多いなどの関係で明るく見えるため、空が明度の高い色になっています。

逆光はNGではない

昔、子供のころ、写真を撮るときに逆光で撮ってはだめといわれていました。

現代ではそういうこともなく、当たり前のように逆光で写真を楽しめます。

逆光で撮ると手前が暗くなるので、ストロボ、レフ版の使用やレタッチなどが必要になることも多いですが、あえてシルエットを利用して楽しむこともできます。

順光で撮ったほうがいいのは集合写真と風景くらいだと思うので、後は順光でも逆光でも好きなほうで楽しんで撮影していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました