春といえば桜ですが、花より団子より写真です。

春の写真花の写真カメラ

桜に撮らされない。綺麗な桜の撮影に挑戦しよう

あなたは花見に行きますか?

春の桜と秋の紅葉は日本らしい風景の代表です。花見や紅葉狩りという言葉があるくらいです。ただ、桜を採りに行くとあまりの美しさにシャッターを切ることばかりを考えてしまい、帰ってから写真を見直すと思ってたのと違うとなることがあります。

今回はそんなことにならないためにどうすればいいかと考えて見ようと思います。

何を見て感動したかを考える。

これはほかの写真でいえることですが、何を見て感動したのかというのを撮る前に考えます。

桜吹雪?満開の桜?葉桜?夜桜?花?桜並木?と考え、感動した部分が入るようにフレーミングします。必要なら周辺の風景も入れます。

これが一番重要な作業になると思います。

桜が咲き乱れている場所では順行で広角で撮影

桜の名所のようなたくさん咲いている場所で満開の桜が咲き乱れている場所が綺麗だと思ったなら

広角で広く切り取りましょう。スマホ撮影時はパノラマ撮影モードを利用することでかなり広い範囲を写せます。このとき順光になる場所を選んで撮影すると桜の色が綺麗に出ます。

背景に青い空を置くと花の白さが際立ちます。

花びらは逆光+露出をプラス補正で撮影

桜の花びらを撮影する場合は逆光で桜の花びらが透ける用に撮影します。手前に陰ができてしまうので露出補正をします。逆行で目を傷めないように注意してください。

桜並木は逆三角構図か三角構図

桜並木を撮影するときは、逆三角構図か三角構図を利用するといいです。

逆三角はインパクト、三角は奥行きを出してくれます。

桜並木は左右にある場合、真ん中向かってにアーチに伸びているので、それを斜線の二辺と考え、地面を底辺とすると三角形が出来上がります。そうなるようにフレーミングすると三角構図なります。

放射構図を用いれば1辺は放射構図で出来上がるので、地面や桜の枝を利用して逆三角形なども作れます。

桜吹雪はシャッタースピード速め+連写モード

桜吹雪はシャッタースピードを1/500~1000以上にして連写モードで撮影します。

シャッタースピード優先オートを使うと便利です。絞りを開放すしぎるとボケてしまうのである程度絞って撮影します。絞ると露出が足りないときはISOを少しあげます。

後は、連写で撮影した中でいいのを選べばいいと思います。

また、動画で撮影して、静止画として出力するという方法もあります。

桜以外の要素もうまく使う

春なので、いろいろな花、植物が咲いています。ピンクと緑の組み合わせは綺麗なのでうまく緑とあわせたりできます。菜の花など黄色い花が咲いている時期です。そういう花を背景や前ボケとしてうまく使ったり、逆に桜の木を背景にしてぼかして、黄色い花畑の写真を撮るというのも綺麗かもしれません。

 

今回参考にさせていただいた書籍

タイトルとURLをコピーしました