レタッチ基礎の基礎 プリセットと自分の設定を保存

レタッチアイキャッチレタッチ

予め作られた補正を当てはめるプリセット

プリセットはあらかじめ用意された補正のイメージのセットです。

インスタグラムではフィルターがありますが、似たようなものだと思ってくらさい。

古い写真のプリセット白飛びと黒つぶれをしています。

古い写真のプリセット白飛びと黒つぶれをしています。

プリセットを設定したものです。古い感じ(少しぼやーとした感じ)です。赤い部分は白飛び、青い部分は黒つぶれしています。

プリセットを変える=露光量などの各種項目が自動で増減されるということなので、写真によっては白飛び、黒つぶれします。プリセットを適応した後に修正のも可能です。

どう修正したいいか、わからない時はプリセットに頼るのもいいと思います。

プロでも使っている方はいますので、別に恥ずかしいことじゃないです。また、ネットからDLしてきてプリセットを追加したりもできます。

「ライトルーム プリセットダウンロード」でググるとたくさん紹介したページが出ますので、そこで探してみると非常によきプリセットに出会えるかもしれません。

自分で行った修正のプリセット登録

自分で行った修正をプリセットして登録して次回以降使うことができます。

毎回同じだけ修正する項目がある場合は基本セットのような感じで登録しておくと作業時間の時短になるかもしれません。

やり方

①登録したい状態まで修正加工します。

②スナップショットの+をクリックします。(下の写真の黄色い〇)

③スナップショット名を入力して、「作成」を押します。

スナップショットの作り方

スナップショットの作り方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④スナップショットの欄にプリセットとして登録されます。

スナップショットの保存できました。

スナップショットの保存できました。

自分でレタッチした写真で年賀状を作ってみると楽しいのかもしれないですね。



タイトルとURLをコピーしました