カメラを傾けて撮るときのコツと正対写真とは何かについてかいてみる

カメラ アイディア アイキャッチカメラ

正対写真とは

水平に撮るのって難しいですね。僕はいつもレタッチして直しています。

正対写真とは、水平垂直がきちんととれている「正面から被写体に対した写真」です。

パースペクティブ(遠近感)がついた写真や水平が傾いた写真は正対写真といいにくい場合があります。

煽りや、俯瞰で撮るとこういったことが起きやすいです。そのためしっかりと水平を撮って撮影することが大切です。

水平、垂直をとるコツ

水平垂直を撮るコツですが、しっかり脇を占めてカメラを固定して持つことです。

次に、グリッドやフォーカスポイントの点を利用して水平を保ちます。

グリッドなら線に地面や木や電柱を合わせることで水平と垂直が撮れます。

フォーカスポイントは2点を同じ直線状の点で結ぶことで水平が撮れます。

水平器を購入する方法もあります。水平を表す二本の線の間に気泡を入れるだけです。

カメラ取付けタイプの水平器

カメラを傾けた写真の撮り方

カメラを傾けた写真の撮り方についてみていきたいと思います。

カメラを傾けてはだめな場合

まずは、だめな場合を考えます。

風景などで水平線、地平線、平らな場所のが見えている時です。

傾けると一発で傾いているのがわかるため、基本的に水平線などを撮るときは、水平にして撮ります。背景が海の記念写真やポートレートも基本的には傾けて撮影するのは避けたほうが良いと思います。

カメラを傾けて撮る時

花はアップで背景をぼかすと水平や垂直を見分けるものが写らないため、傾けて撮ってみるとよい写真が撮れるかもしれません。

上を見あげた人物や動物の写真を撮る際に、上に傾けて撮ると見上げている感じを出した写真になります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました