使用期限15年前のフィルムで撮りくらべ。現像は問題なくできた

カメラ

15年以上前のフィルムが手に入った。

最近は月1くらいでフィルムで撮っているということを母に話したところ父のフィルムがタンスの中にあるということで、もらいました。

父の遺したフィルムがたくさん手元にやってきましたということで、みてみると、

古い。

使用期限は2004年。15年前。私は、まだ高校生ですね。

ガラケーが子供にも普及し始めた位です。携帯のカメラが100万とか200万画素だったので、くそ粗かったことを覚えてます。旅行写真はガラケーより「写ルンです。」を選択したほうが良い時代だった記憶。

そんな時代のフィルムです。

古いけど撮影に使って大丈夫?

現像して、一枚も映ってなかったらどうしようと思いつつ使ってみました。

15年前の34枚のフィルムでの撮影に挑戦

挑戦と書きましたが、自分の使っているフィルムカメラにフィルムセットして、写真撮るだけ。いつもと、何も変わりません。

ただ、「34枚全部だめだったらどうしようという不安。」これにつきます。

使用期限が切れたら写真が正常に現像できない。品質が担保されてないわけですよね。自己責任なわけです。一年くらいならともかく15年。賞味期限だったら、「ダメ絶対」なくらいやばい期限切れ。

今回は身近な風景を撮影して、現像に出してみました。いつもお願いしている「カメラのキタムラ」

出したら2時間ほどで出来上がるので、マジで助かってます。

現像結果

現像の結果、34枚無事に現像できました。

というか、34枚全部って今までで一番いい成績。

今までは「27枚のフィルム」と「写ルンです。」でしたが、数枚ほど現像できていないものがありました。

いつも撮影しているものよりも、きれいな感じがします。

今回、撮影した写真(2019年12月)

フィルム写真背景
フィルム撮影 バックネット裏フィルム撮影 公園フィルム撮影 鳥居フィルム背景 体育館裏に呼び出し

全体的に暗め感じや古ぼけたイメージがありますが、品質は多少劣化しても撮影は問題ないようです。ストックフォトに登録もできました。

2020年4月に15年前のフィルム撮影の2回目を実施

タイトルとURLをコピーしました