raw現像・編集の比較 windows10 フォトとadobe light room

ォトで明瞭度を複数回行った写真PC
ォトで明瞭度を複数回行った写真

「wiodows10フォト」(フォトビューア)は、windows10に標準搭載でraw現像までできてしまうソフトウェア(アプリ)です。

標準搭載のアプリでraw現像できるのは非常に助かりますが、「lightroom」などのよく使われている有償のアプリと比べるとどうなのか比較してみました。

windows10 フォトとadobe light roomの比較

いつも使っているlight roomですが、PC版は月額で料金が発生するため使ってない方もいるかもしれません。スマホのアプリだと無料で使えるのでそちらを試してみてください。

比較①ハイライト

まずはハイライト(明るい部分に関する編集)です。フォトの方では、明るい部分を編集できるのはハイライトという項目のみですが、「light room」はハイライトと白レベル(ざっくり言うと、一番明るい色を変更する項目)の二つがあります。

今回はどちらもハイライトの項目のみを最大まで変化させた写真です。

lightroomでハイライトを最大まで編集

LL ハイライト最大

windows10フォトでハイライト最大まで編集

フォト ハイライト最大の写真

 

ヒストグラムで色の情報を比べるとwindows10 フォトでは白レベルも増えているため、

light roomでは二つに分かれている項目をフォトではまとめて変更しているものと思われます。

比較②シャドウ

次はシャドウ(暗い部分に関する編集)です。

light roomでシャドウを最大で編集した写真

LLシャドウ最大

windows10フォトでシャドウ最大で編集した写真

windows10フォトシャドウ最大

今度はヒストグラムでもあまり変化がありませんでした。

他の画像で、試しましたが、少しですがフォトの方はシャドウと黒レベルを一緒にしてに編集しています。

極端に暗い画像や上の画像のように明るめの画像はシャドウの変化が少ないので、ほとんど変わりないようです。

分かりやすい画像を見つけたら比較を追記したいと思います。

比較③明瞭度

明瞭度という項目はligit roomとフォトのどちらにもある編集項目です。

light roomの場合かすみの除去、テクスチャという似た項目もあります。

今回は明瞭度の項目のみ最大にして比較してみました。

windows10フォトで明瞭度最大の写真

Windowsフォト明瞭度最大

ligthroomで明瞭度最大の写真

ligthroom明瞭度最大

明瞭度は見た目でも差が出ました。lirghtroomの方がはっきりとした写真になります。

次に明瞭度を下げてボンヤリした写真にする場合です。

light room明瞭度最小の写真

LL明瞭度最小

windows10フォト明瞭度最小の写真

windows10-photo明瞭度最小

こちらはwindows10 フォトの方がぼんやりして見えます。

明瞭さはlightroomですが、逆にぼんやりに関してはフォトでも大丈夫な場合もありそうです。

windows10フォトで編集を重ねがけする。

最後に「重ねがけ」です。勝手にそう呼んでいますが、今回の比較は、編集時の各項目のつまみを最大まで引っ張って変更してます。通常はそれ以上変更を加えることができませんが、フォトの場合、編集の一番下の「コピーを保存」を選ぶと今の編集状態を保ったままで再度編集できます。

今回の明瞭度の変更写真を今の方法で重ねがけしたのが下の画像です。

windows10 フォトで明瞭度の編集を2回行った写真

windows10フォトで明瞭度を2回行った写真

windows10 フォトで明瞭度の編集を複数回行った写真

windows10フォトで明瞭度を複数回行った写真

重ねがけ2回程度でlightroomで編集したのと同じくらいかなと感じました。

無料だけどraw現像でも使えるwindows10 フォト,しっかりレタッチするならadobe light room

明るさや明瞭度の修正程度であればlight roomでなくてもフォトでも十分使えることが分かりました。

ちょっと直して、さくっとjpgにして使いたい時はwindows10 フォトは十分に性能要件を満たしていると思いました。

大量に細かく修正したいなるとlight roomの方がやっぱり便利かなと思いました。

raw現像できるソフト探しているけど、いきなりお金を払うのはという方は、windows10標準搭載のフォト(フォトビューア)を利用してみてください。windows7のライセンスも切れましたし、これを機に10に乗り換えて、raw現像に挑戦してみてください。

タイトルとURLをコピーしました