モノクロフィルム撮り比べ レンズ付きフィルム ILFORD XP2 モノクロ写真撮影に挑戦

ILFORD XP2 モノクロ レンズ付きフィルムフィルム
ILFORD XP2 モノクロ レンズ付きフィルム

モノクロフィルムのレンズ付きフィルム

「ILFORD XP2 BLACK&WHITE」を使ってモノクロ撮影に挑戦してみました。

カラーとの撮りくらべと、モノクロ撮影に向いている写真と向いていない写真の比較記事です。

ILFORD XP2 super BLACK&WHITE

ILFORDはイギリスの会社です。「XP2 super」はフィルムの名前です。

ILFORD XP2 super BLACK&WHITEの使い方と仕様

使い方は、「富士フィルムの写ルンです」「Kodakのfunsaver」と同じです。

シャッター切って、フィルム送ってを繰り返すタイプ。フラッシュはボタン押しっぱなしタイプです。

特徴は、モノクロフィルムを使っていることです。

続いて仕様です。

ILFORD XP2の仕様

  • シャッタースピード  1/100
  • 焦点距離       30mm
  • 絞り値        f9.5
  • 撮影できる枚数    27枚
  • ISO感度       400
  • 最低撮影距離      1m (ポートレイト時2m、フラッシュ時3m)
  • 参考サイト      ILFORD PHOTO製品ページ
  • 値段は約1700円です。

写ルンですなどに比べると少し高いです。

Amazonなどで壊れていたなどのレビューがあります。

実際に私が購入したものも、フィルムが巻き取り機の詰めにしっかり引っかかっていなかったのか、2枚分くらい巻かないとシャッターが押せませんでした。(27枚撮りが25枚になりました)

さらにカウンタが1枚から0になるまでに2枚位撮れました。(結果的には27枚撮れている計算)

現像時に取り残し(何も映っていないフィルム部分)が写真1枚分くらい戻ってきました。

若干ですが、他のメーカーのモノと比べて品質が安定しない部分があるように見受けられます。

その分、フィルムの枚数を大めにつくっているのかもしれません。

※一台しか使っていないので、たまたまかもしれません。

モノクロ写真とカラー写真の比較

モノクロにすると色相ごとにどう違うか撮り比べ

いろんな小物を撮影してみた

いろんな小物、カラー

いろんな小物モノクロ

いろんな小物、モノクロ

色ごとのモノクロでの違いを見たくて撮影しました。色相の違いはあまり関係ないため、明度の差が

現れています。まだ、感覚がつかめていませんが、左上の水色と黄色の布はモノクロだとほとんど違いが分かりません。

カラー写真のアクセントをモノクロで撮って比較してみる

山茶花の木 カラー

山茶花の木 カラー

山茶花の木 モノクロ

山茶花の木 モノクロ

カラーだと山茶花の花がアクセントになり、目を引く写真です。それをモノクロで撮りました。
モノクロだと木と明度差が低いため、あまり目立たなくなってしまいました。

モノクロを使ってシルエット風写真をカラーと撮り比べる

松林 カラー

松林 カラー

松林 モノクロ

松林 モノクロ

モノクロにすると、色味が消えるため、砂浜と空が似たような感じになります。間にある松林の濃さが際立ちシルエット風になります。

白黒(モノクロ)写真に向いている被写体

モノクロ・ごちゃごちゃした街並み

モノクロ・ごちゃごちゃした街並み

街並みの写真ですが、あまり色味のない雑居ビル等が並んでいるエリアです。夕日で影が出来ていたので、撮影しました。
色味が少ないからこそ、モノクロで写真にすることでより形状などが際立ちました。いつも使っている場所を、モノクロで撮ったことで違った一面が見えた写真でした。
レンガ風のブロック色がまばら

モノクロ・色がまばらなブロック

グラデーションもモノクロでおすすめの被写体です。今回はグラデーションではないですが、いくつかの色のブロックが不規則に並んでいます。
そのため、モノクロであっても色の違いを想像することができます。
ごつごつした表面の物

モノクロ・ごつごつした表面

ごつごつしたテクスチャや表面をしているものは、モノクロでもはっきりその形状を見てとれます。レンガ、石などはその例です。
この写真は、ゴツゴツした石、石のタイル、積み石をまとめて撮って比較してみました。表面が違うので、モノクロでもしっかり認識できました。

白黒(モノクロ)写真に向いていない被写体

空の写真

モノクロの空曇り

モノクロの空・曇り

曇り空であっても、雲がたくさんだと単調で面白くない写真になってしまいました。
ある程度晴れ間が広がっていたり、面白い形の雲や空を飛んでいる何かがあったほうが、よい写真になりそうです。

海の写真

モノクロの水平線

モノクロの水平線

穏やかな海と空を組み合わせても、退屈なイメージの写真になってしまいます。モノクロにすることで青い空と青い海から青を取り去ったので、引き算のしすぎなんだと思います。
荒れた海や海に浮かぶ物を入れたり、砂浜の小屋や係留された船を入れると、良いのかなと感じました。

花壇の写真

モノクロの花壇

モノクロの花壇

色の多いものはモノクロ撮影の被写体としては良いとあったので、花壇の色とりどりの花を取ってみましたが、花が大体白になってしまいました。明度がほぼ同じ花が多かったためだと思われます。モノクロは彩度を0にするので、より明度について考えさせられます。花を取る場合は彩度をきれいに出す順光より、逆光で光を活用したほうが良いかもしれません。

ILFORD XP2のフィルムでモノクロ写真を撮ってみての感想

カメラ自体は、少し作りが雑な部分もありましたが、写ルンですなどと同じように撮影でき、使いやすいレンズ付きフィルムでした。

ただ、モノクロとフィルムの組み合わせは、少し難易度高めでした。人間の目はカラーで物を見ているので、ファインダー越しの映像をモノクロに変換するのが難しいです。デジカメのように、モニターにモノクロで表示して比較できないので、撮影時にここで写すと影がどうなるかなど考えることが増えます。

それは、それで練習になりました。

写真の練習方法を変えたいと思っておられるなら、ILFORD XP2を使ってフィルムでモノクロ撮影に挑戦してみてはいかがでしょう。

タイトルとURLをコピーしました