意外と便利raw現像できるwindows10 photoの便利な機能

windows10 フォトPC
windows10 フォトレタッチ便利機能

Windows10に標準で搭載されているフォト(photoビューワー)ですが、rawの現像もできるとても便利なものになっています。jpegの編集と違いrawは編集すればするほど劣化していくということもないため、標準でrawファイルを編集をできるのはすごく助かります。

基本的な使い方は、以前書いた記事を参照してください。

今回は、Windows10 フォトでのraw現像、編集において、便利な機能を紹介していきます。

写真をモノクロにする

実際にフォトで、モノクロにする方法です。

彩度をいじって変更

モノクロという状態は色の「彩度(鮮やかさ)」と「色相(色味)」をなくした状態です。「明度」による光の濃淡のみで写真が表現されます。

そのため、色の部分をいじって0にすることでモノクロにすることができます。

「adobe light room」などではカラープロファイルのような設定をモノクロにするだけでいいですが、フォトには、それがありませんので、彩度を変えて対応します。

フォトでの彩度の操作方法説明画像

調整の編集項目内の色(画像のでかこった部分)を左へ動かします。

windows10フォトでモノクロにする場合色のバー説明
一番左まで動かすと、無彩色でモノクロになります。
windows10 photoでモノクロにする場合色のゲージを一番左へ
非常に簡単ですね。

フィルターを使ってモノクロにする

windws10フォトにもたくさんのフィルターが準備されています。

そのフィルターを選択するだけでモノクロにできます。

下の画像ではslate(画像:黄色で囲ったもの)というフィルターを適用してみました。少し色が残っていますが、大分モノクロ感がでています。

windows10 フォトでフィルターをモノクロにする場合slateのフィルターを適用

ここで注意が必要なのが、単純にモノクロにしているフィルターではありませんので、コントラストや明度などが変わる場合もありますので、編集のビフォー・アフターを確認してください。

フォトでのフィルター適用方法

フィルターの画面で使いたいフィルターをクリックすることでフィルターを適用できます。

別のフィルターをクリックすると、他のフィルターを適用させられます。

ビフォー・アフターの確認方法

Windows10フォトでは、ctrl+zのショートカットが使えません。そのため、後述のすべての編集を状態を破棄する「すべてを元に戻す」「すべてを取り消す」を使う必要があります。

すべてを元に戻す/すべてを取り消す

すべてを元に戻す

すべての変更を取り消して初期状態に戻します。

windows10フォト 変更を破棄して初期の状態に戻す
で囲んだ部分をクリックすると変更をリセットできます。

すべてを取り消す

すべてを元に戻すで戻した編集をすべて適用してすべてを元に戻す前に戻します。

ウィンドウズ10フォト 取り消しを取り消す(リドゥ機能)
赤で囲った部分をクリックするとリセットをリセットできます。(リドゥと言ったりもします。)

ちなみに0か100しかできないようです。特定の作業だけ戻したい、一つ前に戻したいはできないようです。

項目ごとのリセット機能

項目によっては、リセット機能があります。

windows10 photo 編集項目のリセットを利用する
黄色で囲んだ場所をクリックするとその下の項目がリセットされます。

ライトの横のリセットをおすとライトの編集項目がリセットされます。

Windows10フォトのスポット修正機能

ちょっとした汚れや番号やロゴを消すのに便利なのがスポット修正機能です。

無料のソフトでついているのはうれしいですね。

ただ、クリックした場所を周りに合わせて修正する機能のみです。

使いかたですが、帽子のロゴ削除を例にとってやってみます。

ウィン10フォトスポット修正

画像の

①「調整」をクリック

②スポット修正をクリックしてください。

windows10photoでスポット修正を行う
③ロゴ(削除したいもの)の当たりをクリックします。

何回かに分けてクリックしましたが、ロゴを消すことができました。

ちなみスポット修正は画面下部のくるっとした矢印で一つ前に戻す、進めることができます。

最低限のレタッチ機能はそろっている。

趣味の範囲でrawファイルを扱うには、十分だと思います。これで物足りない場合に有料ソフトや他のソフトを探してみてもいいと思います。

まずは、気軽にraw現像に挑戦してみてください。

タイトルとURLをコピーしました