同じものをいろいろな撮り比べ 人物の有り無し、広角で撮るか、標準で撮るか

標準画角写真
標準画角

今回は、人を入れて撮影した場合とそうでない場合。
画角が広角の場合と、標準で撮り比べました。

人物有り無しの撮り比べ

人物ナシの森

ただただ、森が続く写真が目に入ります。

人物なしの写真

人物なしの写真

人物が入るとその人物に注目が行きます。

また、その人物が進む先も同じように注意が向くようになり、写真に方向と奥行きが生まれます。

人物ありの写真

人物ありの写真

 

画角の違いによる撮り比べ

標準画角の写真

標準画角は大体50くらいです。

人の目で見ているのに一番近い画角です。

いい感じで、町を見下ろしている様子が表現できました。

標準画角

標準画角

広角18から30くらいの画角です。撮影範囲は広い分、ちょっと遠くなります。

町が広がっている場合は広角でもよかったですが、見えている範囲が少なく、町に注目させたかったので、今回は広角はやめました。

広角画角

広角画角

最初に見る場所、目を引く場所

今回は注目してもらう場所を考えて写真を撮ってみました。

写真に限らず、ファーストビューや、アイキャッチ視線誘導などはいろいろな方法があります。

写真の場合は、視線誘導もですが、何が被写体で、何が背景なのかをしっかりわかるようにしないとあいまいな写真になります。

テーマとそれに合った被写体を決め、それを被写体とわからせるように撮ることが大切です。

 

今回使った素材

写真素材素材【写真AC】

タイトルとURLをコピーしました