MOS Excel365&2019 Expert 独学合格が再確認すべぎだと思った 試験に出るブックの設定

ExcelMOSExpert 365 2019 独学講座アイキャッチ 資格取得
ExcelMOS講座アイキャッチ

対象読者

MOS Excel365&2019 Expert を独学で勉強した際便利だなと感じて業務でも使えそうなものを紹介していきます。

2022年の6月に無事検定合格したため、最後にブログにまとめとして載せていきたいと思います。

参考までに受験時の私のレベル感を書きます。対象読者の参考にしてもらえればと思います。

  • おそらく、中級者くらいには相当するレベルでした。
  • Excelの業務経験2年くらい(SE,事務職)
  • 関数 VlookUPくらいまでなら問題なく使える
  • マクロやVBAの修正の経験あり。
  • ピボットテーブルやピボットグラフ、グラフ集計などの機能の利用経験はほとんどない。

レベルとしては上記です。それ位のレベルの人を想定して書きます。

詳しくよりは要点やポイントまとめてといった形が多いと思います。

ブックの設定で抑えるべきポイント

ブックの設定関連で覚えておくべき場所は一つです。

ファイルのオプションから設定できること。

後は問題文に沿って設定するだけなので、一度かまってみておけば大丈夫でしょう。

主に出題されるもの

・数式計算の設定

・保存の設定

・編集言語の設定

操作方法

ファイルを選んでください

右上のファイルをクリックします。

・ファイルをクリックすると以下のメニューが出ます。

ファイルを選ぶと出てくるメニュー

ファイルを選ぶと出てくるメニュー

・メニューの中からオプションを選びます。

オプションを選びます

オプションを選びます

・オプションが表示されます。覚えるのは下記の3つです。

「データ」「保存」「言語」

最低1問は設定を変更する問題が出ると考えておいていいと思います。どこで変更するかだけ覚えておきましょう。

覚えるのはこの3つの説明画面

覚えるのはこの3つ

 

データ

数式の計算方法の設定を変更する問題が出た場合。データの計算方法設定から変更します。

問題文に書いてある通りに選択します。

数式の設定変更

数式の設定変更

保存

自動保存の時間変更の問題の場合は保存のブックの保存の項目内の赤で囲った部分の時間を変くしてください。

言語

編集言語に○○語を追加といった問題は言語のメニュー内の赤線部に街灯の言語が追加されているようにします。

上下ありますが、編集言語は下の段です。間違えないようにしてください。

言語を追加のボタンを押すと言語一覧が出るので、そこから選んでください。

同じ言語でも使っている国がたくさんある場合、問題文で指定されているものと同じものを選ぶ必要があります。

例:フランス語(フランス)といった指定があります。()内の国名まで一致させてください。

編集言語の追加

編集言語の追加画面

 

マクロの設定やセルの書式などの設定は別の項目で行います。

ブックの設定で抑えるべきポイントは以上です。

補足:エラーチェック

エラーチェックの設定もたまに出るので、覚えておいた方がよい。

数式の下の方にあります。

エラーチェックルールの設定場所の説明

エラーチェックルール

ブックの設定の攻略のポイント

数式の計算方法、編集言語、自動保存の時間の設定場所をしっかり覚えて試験に臨みましょう。

と言いましたが、一番重要なのは

ファイル→その他→オプション

この流れを覚えることで、問題に書いてある設定項目は探せば大体わかるので、どこの画面にあるかだけはしっかりと覚えて臨んでください。

MOS Excel 365&2019 Expert 独学向けの教材

ついている模擬問題集をPCにインストールして一日一問ずつでも解いていき、わからなかったところを解説で覚えるという勉強法がおすすめです。

試験前の段階で平均で90%超えるところまで行ければ、かなり安心して臨めます。

 

タイトルとURLをコピーしました