MOS Excel365&2019 Expert 独学合格が便利だと思った試験出るセルの書式

ExcelMOSExpert 365 2019 独学講座アイキャッチ 資格取得
ExcelMOS講座アイキャッチ

対象読者

MOS Excel365&2019 Expert を独学で勉強した際便利だなと感じて業務でも使えそうなものを紹介していきます。

2022年の6月に無事検定合格したため、最後にブログにまとめとして載せていきたいと思います。

参考までに受験時の私のレベル感を書きます。対象読者の参考にしてもらえればと思います。

  • おそらく、中級者くらいには相当するレベルでした。
  • Excelの業務経験2年くらい(SE,事務職)
  • 関数 VlookUPくらいまでなら問題なく使える
  • マクロやVBAの修正の経験あり。
  • ピボットテーブルやピボットグラフ、グラフ集計などの機能の利用経験はほとんどない。

レベルとしては上記です。それ位のレベルの人を想定して書きます。

詳しくよりは要点やポイントまとめてといった形が多いと思います。

セルの書式設定の便利だと思ったもの

@様、@御中,@○○

ユーザー定義の赤枠の入力欄で事由に書式を定義できます。

@マーク:入力内容に特定の文字を自動でつけるセル書式

MOSでの出題率が高いと考えられるもので、入力内容に特定の文字を自動でつけるといったものがあります。

業務でも顧客の末尾に様を自動で表示するなどしておくと非常に便利です。

例えば、セルの入力内容の後ろに様をつける場合田中と入れたら、田中様と自動で変換されるといったものです。この場合、赤枠で囲った入力欄(ユーザー定義)に

@様とすれば 田中を入力すれば 自動で田中様となります。

@が入力内容を示しています。入力内容の後ろに○○と表示されるように書式設定するといった問題が出た場合は、@○○と書式設定の入力欄に入力してください。

@が入力内容を表すことは確実に覚えておいてください。(実務でも役立つと思います。)

セルの書式を自分で設定する書式設定

セルの書式を自分で設定する書式設定

曜日が自動で表示される書式設定

日付フォーマット基本的な読み方

yが年数 mが月 dが日 を表します。(year,month,dayの頭文字)

日付フォーマットは基本的には単語の頭文字+個数で、何を何桁で表すかとなっています。

yyyyで年を4桁yyなら2桁です。m,dはゼロ埋めなし mm,ddはゼロ埋めアリです。(ゼロ埋めは 1月なら 01とすることを0埋めアリといいます。)

yyyy/mm/ddとすると 2021/04/09といった表示になります。/は区切り方なので年月日に変えてもいいです。

yyyy年mm月dd日 2022年06月09日となります。

(aaa)をつけると曜日の表示ができます。これも覚えておいてください。

わからなくなったときはもともとエクセル内に準備してある日付フォーマットを見ることである程度確認できます。求められている表示形式に近いものを探して、それを変更することで対応できる場合もあります。

日付フォーマットはMOSでも出題される可能性は非常に高いです。

和暦は出るかは微妙ですがeで和暦の年号 eeは和暦元号を2桁 gは和暦表示です。gで元号アルファベット、ggで漢字の頭文字、ggg漢字表示です。

勉強の際も参考にした日付の表示形式一覧のサイトです。

エクセル日付の表示形式の一覧

押さえておいた方がいいセルの書式設定

数値 桁区切りコンマ設定と小数点以下の設定が出題されることがあります。

通貨 会計関係の問題で同時に設定が必要な場合もあります。

条件付き書式設定の便利だと感じたもの

条件付き書式は、条件に当てはまったセルのみ色を変える機能です。

利益が赤字の列だけ、赤い背景にするや、指定範囲の中で一番大きいものを太字で表示するといったときに使います。MOSでの出題率も非常に高いです。

設定するには

ホームタブ内の条件付き書式から設定します。

条件付き書式設定場所 ホームタブから条件付き書式を選ぶ

条件付き書式設定場所

 

条件付き書式で覚えておくべき便利な設定

  • 新しいルール設定

基本的に、ここを使って設定します。

条件付き書式新しいルールの設定

条件付き書式新しいルールの設定

 

  • カラースケール

カラースケールはグラデーションの表示設定 セルの値に応じて何色から何色に向けてグラデーションするという設定です。色分けしたいときに使えます。

  • アイコンセット

アイコンセットは値の範囲を決め50%以下なら赤、75%以下なら黄色、それ以外なら青といったようにパーセンテージや値の範囲により色の違ったアイコンで表示する機能です。一定の範囲でグループ分けする際に便利です。

  • 上位、下位(最大、最小含む)

書式の適用範囲の設定です。

上位下位に入る値だけ書式設定という項目で設定します。

上位か下位を選択し、数字を入れると数字を入れた順位まで書式が適応されます。%のチェックを入れると上位〇%の扱いになります。

例)「上位 10 チェックナシ」

→適応範囲のセルの中から上位10の値のセルに書式を設定します。

「下位 3 チェックアリ」

→適応範囲のセルの中から上位3%の値のセルに書式を設定します。

上位10%が通過するような条件で色を付けたいときなどは重宝します。

  • 数式(関数含む)利用

関数や数式を使って設定する場合に使います。適用したセルの中で2000以上のセルに書式をつける場合

=>2000とします。

セル指定と合わせる場合は

=B4=>2000とします。

細かく設定したいときや、関数がすでにある作ってあるものを利用する場合は、こちらでもいいと思います。

MOS Excel 365&2019 Expert 独学向けの教材

ついている模擬問題集をPCにインストールして一日一問ずつでも解いていき、わからなかったところを解説で覚えるという勉強法がおすすめです。

試験前の段階で平均で90%超えるところまで行ければ、かなり安心して臨めます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました