MOS Excel365&2019 Expert 独学合格が便利だと思った試験出るグラフの種類、使い方

エクセルMOSアイキャッチ 資格取得

対象読者

MOS Excel365&2019 Expert を独学で勉強した際便利だなと感じて業務でも使えそうなものを紹介していきます。

2022年の6月に無事検定合格したため、最後にブログにまとめとして載せていきたいと思います。

参考までに受験時の私のレベル感を書きます。対象読者の参考にしてもらえればと思います。

  • おそらく、中級者くらいには相当するレベルでした。
  • Excelの業務経験2年くらい(SE,事務職)
  • 関数 VlookUPくらいまでなら問題なく使える
  • マクロやVBAの修正の経験あり。
  • ピボットテーブルやピボットグラフ、グラフ集計などの機能の利用経験はほとんどない。

レベルとしては上記です。それ位のレベルの人を想定して書きます。

詳しくよりは要点やポイントまとめてといった形が多いと思います。

MOS試験に出る業務でも使える便利なグラフ達

二軸グラフ

縦軸が二つ設定できるグラフです。

現在だったら、横軸日付で縦軸をPCR検査数と陽性者数にすると

日ごとに陽性率がどんな感じか視覚できます。

EXCEL2軸グラフ

EXCEL2軸グラフ

挿入→グラフ→複合グラフの挿入→ユーザー設定の複合グラフ作成する

表示された画面で2軸にしたい方の2軸のチェックボックスをチェックします。

それ出来上がるのが下のようなグラフです。

2軸グラフの例

2軸グラフの例

グラフのデザイン

グラフをクリックすると上のリボンにグラフのデザインが表示されます。

スタイル、レイアウト、カラー等を変更できます。

スタイル変更

例えば、最近はやっているダークモードもあります。

背景黒、文字白は、高齢者でも読みやすいため、高齢者向けのグラフに使うといいかもしれません。

ダークモードグラフ

ダークモードグラフ

スタイルは、グラフの形自体は変わらず、メモリや色が変わるものが多いです。

レイアウトの変更

スタイルと違いグラフの形も変わります。

レイアウト変更

レイアウト変更

用途に合わせて、選んでみてください。

カラー変更

色変したグラフ

色変したグラフ

色はカラーパレット選ぶだけです。

カラーとモノクロが用意されています。

MOS Excel 2019&365 Expert で出るのは

2軸グラフは作成問題がよく出るので、覚えておいた方がいいです。

表を基にグラフを作りなさいという問題が出ることもあります。

指定されたグラフが分かるようにグラフ機能でどんなグラフが作れるかを一通り見ておいた方がいいと思います。レイアウト、カラー、スタイルの変更の問題も出ます。それぞれの変更の仕方を覚えておきましょう。

MOS Excel 365&2019 Expert 独学向けの教材

ついている模擬問題集をPCにインストールして一日一問ずつでも解いていき、わからなかったところを解説で覚えるという勉強法がおすすめです。

試験前の段階で平均で90%超えるところまで行ければ、かなり安心して臨めます。

 

タイトルとURLをコピーしました