MOS Excel365&2019 Expert 独学合格が便利だと思った試験出る機能 what`s-if分析、ゴールシークとシーケンス

ExcelMOSExpert 365 2019 独学講座アイキャッチ 資格取得
ExcelMOS講座アイキャッチ

対象読者

MOS Excel365&2019 Expert を独学で勉強した際便利だなと感じて業務でも使えそうなものを紹介していきます。

2022年の6月に無事検定合格したため、最後にブログにまとめとして載せていきたいと思います。

参考までに受験時の私のレベル感を書きます。対象読者の参考にしてもらえればと思います。

  • おそらく、中級者くらいには相当するレベルでした。
  • Excelの業務経験2年くらい(SE,事務職)
  • 関数 VlookUPくらいまでなら問題なく使える
  • マクロやVBAの修正の経験あり。
  • ピボットテーブルやピボットグラフ、グラフ集計などの機能の利用経験はほとんどない。

レベルとしては上記です。それ位のレベルの人を想定して書きます。

詳しくよりは要点やポイントまとめてといった形が多いと思います。

What’s-if分析

数式の計算パターンや、特定の値にするために参照しているセルの値を分析したりする機能です。

MOSにはシナリオとゴールシークがよく出ます。

この二つは使っていて便利だなと思ったので、ここで紹介したいと思います

使い方

what,s-if分析の選択場所

what,s-if分析の選択場所

ツールバーでデータを選択し、what’s-if分析をクリックします。

ゴールシークやシナリオを選択できます。

ゴールシーク

逆算だと思ってください。

A+Bの計算結果と求めるセルCがあったとして

Bに2000が入力されていてセルCが4000をするにはAはいくつになるでしょうというのを自動でやってくれます。

設定例です

数式の入ったセル、目標値、値を変化させるセルの3つを入力して下さい

ゴールシーク設定

ゴールシーク設定

自動で計算し、値を変化させるセルに答えが表示されます。

ゴールシーク 答え

ゴールシーク 答え

売上目標に対して何枚チケットを売るのか等の目標の計算に使えます。

関数や計算式でできますが、こっちを使った方が断然早いです。

シナリオ

シナリオと聞くと映画や小説やゲームなどのお話の内容が思い浮かびますが、

エクセルの機能の場合は、セルの入力(シナリオ)によって結果が変わることを検証する機能です。

シナリオ作成方法

シナリオ作成方法

・シナリオ名は任意でいいです。

・変化させるセル 一つでも範囲でも可能です。ここでは金額と時間を変化させてコスパのセルの変化を見ます。

・空欄でいいです。どういうパターンのシナリオなのかメモを残したいときに書いておくといいです。

一つ目のシナリオを入力し、追加のボタンから二つ目を入力します。

シナリオ1表示します

シナリオ表示1

2つ目のシナリオ

シナリオ2表示します

シナリオ表示2

各シナリオを選んで、表示を押すことで、シナリオを切り替えて、一番良い結果を探して比較できます。

同じセルで何パターンも入力パターンを試したいときに便利です。

MOSでの出題

傾向としては、ゴールシークかシナリオのどちらかが出る場合が多いと思います。

基本的には問題文に従って入力するだけなので、どこに何を入れるかをきちんと覚えておけば大丈夫だと思います。

MOS Excel 365&2019 Expert 独学向けの教材

ついている模擬問題集をPCにインストールして一日一問ずつでも解いていき、わからなかったところを解説で覚えるという勉強法がおすすめです。

試験前の段階で平均で90%超えるところまで行ければ、かなり安心して臨めます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました