MOS Excel365&2019 Expert 独学合格が便利だと思った試験出る機能ピボットテーブル・ピボットグラフ

アイキャッチMOS Excel 資格取得
アイキャッチMOS Excel

対象読者

MOS Excel365&2019 Expert を独学で勉強した際便利だなと感じて業務でも使えそうなものを紹介していきます。

2022年の6月に無事検定合格したため、最後にブログにまとめとして載せていきたいと思います。

参考までに受験時の私のレベル感を書きます。対象読者の参考にしてもらえればと思います。

  • おそらく、中級者くらいには相当するレベルでした。
  • Excelの業務経験2年くらい(SE,事務職)
  • 関数 VlookUPくらいまでなら問題なく使える
  • マクロやVBAの修正の経験あり。
  • ピボットテーブルやピボットグラフ、グラフ集計などの機能の利用経験はほとんどない。

レベルとしては上記です。それ位のレベルの人を想定して書きます。

詳しくよりは要点やポイントまとめてといった形が多いと思います。

MOS Excel Expert 365&2019 便利だと思ったピボットテーブル

ピボットテーブルが便利だと思った

あるのは知っていましたが、いつかやるぞと思いつつ後回しにしていたピボットテーブル

今回MOSで必ずと言っていいほどピボットテーブル関連の問題が出ます。

実務で使ったことは無いので、分析計の仕事や営業とかしてないとなかなか機会はないかもしれませんが、いい機会なので、ここで基本を習得しておきましょう。

動画:ピボットテーブルの作成

まずは表を作ります。

その表を範囲としてピボットテーブルの作成機能を使います。

挿入→ピボットテーブル →テーブルまたは範囲からを選択します。

ピボットを選択

ピボットを選択

後は列と行を選ぶだけです。

行の選択

行の選択

値(列)を選択

値(列)を選択

列や行は後で追加できますし、減らしたりもできます。

ピボットテーブルの完成です。

ピボットテーブル完成

ピボットテーブル完成

スライサー(絞り込み)

スライサーという絞り込み機能は使いやすいです。

特定の地域のみや特定の人などでオートフィルターより使いやすかったです。

ピボットテーブルをクリックして、

ピボット分析→スライサーの挿入→フィルタリングする項目の選択をします。

 

ピボットグラフ分析→スライサーとフィルタする項目の選択

スライサー

スライサー

ピボットグラフ

ピボットテーブルをもとにグラフ化できます。

普通の表でもグラフ化できますが、

ピボットテーブルの項目に合わせて表示でき、絞り込み機能も充実しています。

見た目も簡単に変えられるため、取り入れるだけで、かなり見栄えのいい資料ができます。

ピボットテーブルをクリックして→挿入→ピボットグラフから作成できます。

ピボットテーブルの列などを追加するとその結果が反映されます。

ピボットグラフ完成

ピボットグラフ完成

表・グラフとの違い

ピボットテーブルやピボットグラフじゃなくても表やグラフは作れます。

ではなぜ、ピボットテーブルを使うかというと、

表を基にデータを集計したり、別の表にしたりできるからです。

一つの表にAからZまでデータがあってそこからBとYだけ取り出したいときにピボットテーブルに取り込んでBとYだけ表示すればいいのです。

表やグラフは単にデータとすればピボット機能はデータを整理してまとめたものとなります。

このあたりを、覚えておくと表やグラフと使い分けもできます。

MOS Excel 365&2019 Expert 独学向けの教材

ついている模擬問題集をPCにインストールして一日一問ずつでも解いていき、わからなかったところを解説で覚えるという勉強法がおすすめです。

試験前の段階で平均で90%超えるところまで行ければ、かなり安心して臨めます。

 

タイトルとURLをコピーしました