MOS Excel365&2019 Expert 独学合格が便利だと思った試験出る セルやシートのロック

アイキャッチMOS Excel 資格取得
アイキャッチMOS Excel

対象読者

MOS Excel365&2019 Expert を独学で勉強した際便利だなと感じて業務でも使えそうなものを紹介していきます。

2022年の6月に無事検定合格したため、最後にブログにまとめとして載せていきたいと思います。

参考までに受験時の私のレベル感を書きます。対象読者の参考にしてもらえればと思います。

  • おそらく、中級者くらいには相当するレベルでした。
  • Excelの業務経験2年くらい(SE,事務職)
  • 関数 VlookUPくらいまでなら問題なく使える
  • マクロやVBAの修正の経験あり。
  • ピボットテーブルやピボットグラフ、グラフ集計などの機能の利用経験はほとんどない。

レベルとしては上記です。それ位のレベルの人を想定して書きます。

詳しくよりは要点やポイントまとめてといった形が多いと思います。

エクセルのロック機能

Excelにはロック機能があります。

セル単位、シート単位、ブック単位でロック可能です。

MOSの試験でも1問~3問は出ると考えてください。

出題率は高いので、基本的なロックの仕方くらいは覚えておいた方がよいです。

また、実務でも編集してもらいたくないものをロックして、権限のある人だけパスワードを教えて解除してもらうといった運用をしたりします。ただ、使わない現場は本当に使いません。

365やteamsでの運用の場合は、共有する人や共有フォルダにアクセス権限を持たせれるので、そちらで運用する現場も多いです。それはMOSには出ないので、ここには書きません。

ブックのロック

ブックのロックについて

ブック保護は校閲にあります

EXCELのブック保護

校閲からブックの保護を選んで指定します。解除用のパスワードを設定することもできます。

どれかチェックが入ってないとロックできませんので、シート構成にチェックを入れてください。

シート構成をロックすると、シートの追加、削除、名前変更、順番変更ができなくなります。

シートのロック

シートのロックはシート単位のロックになります。校閲のブックの保護の隣にあります。

シート保護は校閲にあります

Excel シート保護

沢山ありますが、MOSの試験では、パスワードを付けて保存やオートフィルのみ可能にして保護のようなものが出ることがあります。

チェックを入れたものが誰でもできることになります。チェックが入ってないものはロックを外さないとできないものになります。

セルのロック

セルのロックは、ロックしたい範囲を選び、書式から設定できます。
セルのロックONOFF

この画面はロックしたかが分かりにくいので、下のセルの書式設定の保護から設定する方が分かりやすいです。

書式設定からも設定できます

書式設定からも設定

 

書式でセルのロックを設定した後に、シート保護を行なって初めてセルのロックは有効になります。

セルの編集が有効になっているセルを編集しようとすると以下のように編集できないというエラーが出ます。

編集しようとするとこういうメッセージがでる

編集しようとするとこういうメッセージがでる

セルのロックも特定のセルをロックしてシートを保護してくださいという問題がMOSでよく出ますので、覚えておいた方がいいと思います。

実務で使う可能性があるのはこのセルのロックだと思います。

ロック機能のまとめ

MOSでも出題されて、実務でも使いこなせると意外と便利な機能ですが、運用がめんどくさい部分もあるかもしれません。

また、調べながらでもいくらでも対応できるので、

問題によっては、パスワード付けてシート構成を保護するだけの勘がよい人ならなんとなくでとけるレベルの問題の場合もあることから、MOSであえて省くならこの機能かなというイメージはあります。

関数やピボット、グラフなどを優先してやったほうがいいと思います。

MOS Excel 365&2019 Expert 独学向けの教材

ついている模擬問題集をPCにインストールして一日一問ずつでも解いていき、わからなかったところを解説で覚えるという勉強法がおすすめです。

試験前の段階で平均で90%超えるところまで行ければ、かなり安心して臨めます。

 

タイトルとURLをコピーしました