MOS Excel365&2019 Expert 独学合格が便利だと思った試験出る オートフィルと連続データ設定

アイキャッチMOS Excel 資格取得
アイキャッチMOS Excel

対象読者

MOS Excel365&2019 Expert を独学で勉強した際便利だなと感じて業務でも使えそうなものを紹介していきます。

2022年の6月に無事検定合格したため、最後にブログにまとめとして載せていきたいと思います。

参考までに受験時の私のレベル感を書きます。対象読者の参考にしてもらえればと思います。

  • おそらく、中級者くらいには相当するレベルでした。
  • Excelの業務経験2年くらい(SE,事務職)
  • 関数 VlookUPくらいまでなら問題なく使える
  • マクロやVBAの修正の経験あり。
  • ピボットテーブルやピボットグラフ、グラフ集計などの機能の利用経験はほとんどない。

レベルとしては上記です。それ位のレベルの人を想定して書きます。

詳しくよりは要点やポイントまとめてといった形が多いと思います。

MOS Excel Expert 365&2019 便利だとオートフィル関連機能

オートフィルの使い方1

オートフィルの使い方

オートフィルは有名な機能ですね。Excel=オートフィルといっても過言ではないかもしれません。

オートフィルの使い方は、セルに値を入力して選択し、右下の■を引っ張るだけです。

たまにうまくいかない時がありますが、その時は右下に出たアイコンをクリックして
連続データを選ぶとうまくいきます。

連続データ

連続データ

フラッシュフィル

オートフィルの親戚みたいな機能で、メールアドレスを@の前と後に分けたりするのに使えます。

名前と苗字の間にスぺースがあるときに名前と苗字に分離して別々のセルに入れることもできます。

下図は、名字だけ取り出すやり方です。

①「伊藤 博文」の隣のセルに伊藤だけ入力

②オートフィルをします。

③その後右下のアイコンでフラッシュフィルを選びます。

他のセルの伊藤にあたる部分を取り出してくれます。

①の後、適用したい範囲を選んで、ctrl+Eでもできます。

フラッシュフィル説明

フラッシュフィル説明

連続データの設定

連続データとは、オートフィルの間隔です。

1づつ増える2づつ増えるなどの設定ができます。

ツールバーはホームの右端にあります。

ツールバーからオートフィルを操作

ツールバーからオートフィルを操作

連続データを選ぶと、このようなウィンドウが出ます。

どの方向にいくらずつといった設定ができます。

MOSのテストではたまに3ずつ加算する設定にしてくださいなどが出ますので、一度使ってみて動きを覚えておくといいでしょう。7日ずつ増やす(週一)などは業務でも使う機会があるかもしれません。

連続データ

オートフィル連続データ設定

一番身近な便利ツール

関数などよりも、簡単で、初級者のころから一番よく使う機能だと思います。

設定を組み合わせたり、関数やセル参照を合わせることでさらに便利になります。

基本ですが、覚えていて損はなく、基本的な使い方自体はすぐに覚えれるので、必ず覚えましょう。

MOS Excel 365&2019 Expert 独学向けの教材

ついている模擬問題集をPCにインストールして一日一問ずつでも解いていき、わからなかったところを解説で覚えるという勉強法がおすすめです。

試験前の段階で平均で90%超えるところまで行ければ、かなり安心して臨めます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました