露出

写真

色を使って写真をきれいに撮る3つのコツ

写真を撮るときにきれいに写る背景の選択に困ることがあります。 今回はそんなときに使える3つの基本的な色の使い方です。 背景色の使い方 補色を組み合わせる 色づかいの基本の一つです。写真以外でもよく使います。 ヒマワリを青空...
レタッチ

ヒストグラムの見方と露出を修正してみる。

レタッチを直す時の基準にヒストグラム ヒストグラムがひとつの基準になります。 ヒストグラムとは 写真の明るさとその分布(量)を表すグラフです。 横軸は明るさ、縦軸は量です。横軸は右に行くほ...
カメラ

脱・初心者 カメラの撮影モードとその使い方 オート、露出モード編

持っているカメラ、オートで撮影してませんか? 別に間違ってはいません。オートで十分なシチュエーションも多いです。 初心者がオートで撮った写真が、めちゃくちゃいい写真ということもあります。 ただ、カメラのモードを知ることで、より...
カメラ

撮り比べハイキーとローキー比較。オーバーとアンダーとの違い

露出補正を使って写真の雰囲気を変えてみる。 露出を補正を使うと、写真を明るくしたり、暗くしたりできます。 逆光の時に明るくしたり、順光で暗くして白飛びを防ぐのが、正統な使い方だと思いますが、 任意で明るくしてハイキーに撮ったり、暗くし...
カメラ

初心者でもわかる。暗い場所での撮影術。ISO感度を変えてみよう。

ISO感度とは 露出を決める要素でも、簡単に説明したISO感度について、ここではもう少しだけ深く触れて生きたいと思います。暗いときの撮影において役に立つのがISO感度です。 ISO感度は光に対する感度です。値が大きいほど明るくなりま...
カメラ

玉ボケ撮り比べ。絞りを知って玉ボケを作ろう。

絞り値を変更して玉ボケを作ろう 露出を決める要素のひとつでもある絞り(F値)ですが、デジタル一眼レフカメラの醍醐味である玉ボケを作る時の大事な要素のひとつになります。今回はそれをメインに書いていきます。 絞り値は、カメラの絞り羽を絞...
カメラ

撮り比べてわかるシャッター速度、ブレを生かして動くものを撮影する

被写体にあわせてシャッタースピードを変える 前回、露出を決める要素のひとつとしてシャッタースピードを上げました。シャッタースピードは動くものを撮影する際にも重要な要素となります。今回はそんなシャッタースピードに関してです。 シャッタース...
カメラ

初心者が最初に覚えたい適正露出をシャッタースピードと絞りの関係

カメラの露出が何で決まるのか。 写真が暗くて困ることはありませんか? 写真の明るさ=露出(EV値)はシャッタースピードと絞りの関係で決まります。シャッタースピードと絞り値(F値)を知れば、あなたも自然と明るい写真が取れるようになって...
タイトルとURLをコピーしました